そのママ | ママを楽しむキュレーションマガジン

毎日を楽しみたいママ、これからママになる女性の役立つ情報をお届けします。赤ちゃんの洋服、おもちゃ。ママのための育児、料理、旅行、美容室、幼稚園情報ならそのママ。

生後6ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイント3つまとめてみた

生後6ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイント3つまとめてみた

生後6ヶ月になると短時間おすわりができるようになる赤ちゃんもでてきます。
そんな生後6ヶ月のお世話のポイントまとめました。

1.様子をみながら離乳食を1日2回にしてみましょう

離乳食をはじめて1ヶ月ほど経ち、トロッとした離乳食を口を閉じて飲み込めるようになったら離乳食を1日2回にチャレンジしてみましょう。
2回目の離乳食は1回目から3〜4時間あけてあげます。
夜遅くの食事になると、就寝時間が遅くなるので19時までにあげるようにしましょう。
離乳食のあとのミルクは欲しがるだけ飲ませてあげましょう。
e18a8ef35eb94d00aeed497c30a1f291

2.赤ちゃんの要求にこたえてあげましょう

これまでは不快が原因で泣くことが多いのですが、さまざまな理由や目的で泣くようになります。

いつまで続くの?赤ちゃんの泣きは進化する!?泣きの段階をまとめてみた!

育児が大変なのはいつまで続くのかわからないというのが大きいですよね。
大変なことの一つに赤ちゃんの「泣き」があげられます。

実はこの「泣き」には段階が存在します。その段階をまとめてみました。

0〜3ヶ月頃 …

離乳食が欲しい、オモチャが欲しい、かまって欲しい、ということを伝えるために泣いたりします。
赤ちゃんの仕草や様子から理解し解決してあげましょう。

Return Top