そのママ | ママを楽しむキュレーションマガジン

毎日を楽しみたいママ、これからママになる女性の役立つ情報をお届けします。赤ちゃんの洋服、おもちゃ。ママのための育児、料理、旅行、美容室、幼稚園情報ならそのママ。

夏までに知っておきたい!赤ちゃんの熱中症の症状と対応方法

夏までに知っておきたい!赤ちゃんの熱中症の症状と対応方法

夏になるとよく耳にする熱中症ですが、どのような症状で、いざなってしまったらどう対処すれば良いか知っていますか?
赤ちゃんは大人よりも熱中症にかかりやすいので、夏前に一度確認しておきましょう。
熱中症の症状や処置方法をまとめてみました。

熱中症とは

高温環境下で、体内の水分バランスが崩れたり、体内の調整機能が破たんするなどして起こる病です。
人は汗をかくことで、体の熱を放出し、体温を調整しています。
しかし、急激に汗をかくと脱水状態になり、汗が出なくなってしまいます。
そうなると、体に熱が蓄積されつづけ、どんどん体温が上昇してしまうのです。
特に、赤ちゃんは体温調節がまだ未熟なので、体内に熱が蓄積しやすく、熱中症になりやすいのです。

9e268cc4207898b3a94329c010b47d85

熱中症の初期症状

  • 体や顔が熱く、赤い
  • 顔色が悪く、青ざめている
  • 元気がなく、なんとなく機嫌が悪い
  • 息遣いが荒く、苦しそう
  • 汗をかかなくなる

とるべき対応

  • すぐに日陰やエアコンの効いている室内など、涼しい場所へ移動する
  • 十分に水分を飲ませる
  • 足の下に丸めたバスタオルを入れるなどして、足を高くして寝かせる
  • 衣服を脱がせたり、ボタンを開けるなどしてはだけさせ、体内に蓄積された熱を放出させる
  • 額・首・わきの下・足の付け根などを、濡れタオルや保冷剤などで冷やし、体温を下げる
Return Top