そのママ | ママを楽しむキュレーションマガジン

毎日を楽しみたいママ、これからママになる女性の役立つ情報をお届けします。赤ちゃんの洋服、おもちゃ。ママのための育児、料理、旅行、美容室、幼稚園情報ならそのママ。

赤ちゃんの靴のサイズをアップさせるべき5つのタイミング

赤ちゃんの靴のサイズをアップさせるべき5つのタイミング

まだ言葉でうまく伝えられない赤ちゃんの靴は、ママとパパがチェックしてサイズアップしなければいけませんよね。
靴をサイズアップさせるべき5つのタイミングをまとめてみました。

1.つま先部分に余裕がない

つま先部分には0.5〜1センチくらいの余裕が必要です。
中敷きを取り出して赤ちゃんの足に当て、つま先がきつそうでないか、指を広げても余裕があるかを確認しましょう。

2.足の幅や甲がきつい

靴を履かせて靴の上から触り、足の幅や甲がきつければサイズの替え時です。
甲が高くて靴が脱げやすい子は、ベルトでサイズ調節できるものを選ぶのがオススメです。

3.履かせにくい

足を入れにくい、ベルトが留めにくいなど、履かせにくさを感じたら靴が小さくなったサインです。
足先に余裕があるか、靴の中で指が曲がっていないか、つま先を触ってチェックしましょう。

Return Top