そのママ | ママを楽しむキュレーションマガジン

毎日を楽しみたいママ、これからママになる女性の役立つ情報をお届けします。赤ちゃんの洋服、おもちゃ。ママのための育児、料理、旅行、美容室、幼稚園情報ならそのママ。

主婦の節約!住宅ローンと学資保険を一緒に考えてコストバランスを良くしよう!

主婦の節約!住宅ローンと学資保険を一緒に考えてコストバランスを良くしよう!

平成31年6月30日、といえば「住宅ローン減税」が終わる日。ということもあって、今のうちに一戸建て住宅やマンションを購入しようとする人が増えています。ですが、減税とはいっても、消費税はだんだん上がるし、給与天引きの中から、所得税や住民税が安くなる、とでもいうの?と思う人がいるかもしれません。

これは減税というより「控除」と言うのが正しい制度。一戸建て住宅を購入すれば固定資産税やら都市計画税を払わなければなりませんし、住宅は年々メンテナンスに費用がかかります。ですから、給与収入から住宅ローンを支払っている人は、年間最大200万円ないし300万円(エコ住宅)が平成26年4月1日から平成31年の6月30日まで最大2倍の控除を受けられるように制度が変更されました。

毎月支払う住宅ローン、そして毎月貯蓄する学資保険。クロスして支払いと貯蓄を考えることはとても重要なのです。

1 住宅ローンは借金?

学資保険と住宅ローンがなぜ関係あるの?という方もいるでしょう。ですが、両方とも実は同じ「保険商品」だということをご存知でしょうか?住宅ローンを利用するには、自分が勤務する会社や役所の情報、年収などを洗いざらい貸し手に教えなければなりません。そして、最後には「団体信用生命保険」という保険に加入します。

通称「団信(だんしん)」と呼ぶ、この保険ですが、毎月ローンを払っているご主人や奥様が万が一死亡してしまった場合、ローン残債(ローンの残り)を保険金で賄うシステムです。最近では3大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)などに罹った場合でも、保険がおりる団信も発売されています。

ただ、住宅ローンにつく団信は「残債分と同じ額の保険金」が支払われる保険です。ですから、もし5000万円のローンがあった場合は、1年目は5000万円の残債(保険金)ですが、10年後は3500万円の残債(保険金)に減っていくわけです。こうした保険を「逓減(ていげん)型」といいます。

このことから、住宅ローンは借金ではなく、生活するための費用と考えるのが正しいといえるのです。

ABOUT THE AUTHOR

ファイナンシャルプランナー かな
ファイナンシャルプランナーをやっている2児の母です。保険や貯蓄に関して記事を書いていきます!
Return Top