そのママ | ママを楽しむキュレーションマガジン

毎日を楽しみたいママ、これからママになる女性の役立つ情報をお届けします。赤ちゃんの洋服、おもちゃ。ママのための育児、料理、旅行、美容室、幼稚園情報ならそのママ。

白米を食べてくれない…そんな時に役立つ技3選

白米を食べてくれない…そんな時に役立つ技3選

和食を中心とした離乳食には白米(お粥)は欠かせないものです。エネルギーの源である炭水化物を多く含む白米を毎日たくさん食べて欲しい!というママの思いとは裏腹に、ベビーがぷいっと横を向いて食べてくれない…という経験をしたママも多いのでは?
そこで今回は、ご飯やお粥にプラスするとたちまちベビーが食べてくれるようになる食材を3つご紹介します!

1、海苔

海苔粥
海苔にはアミノ酸と呼ばれるうまみ成分が含まれているので、ごはんの上にかけて一緒に食べることで風味豊かになります。
また、海苔にはタンパク質、カルシウム、ビタミンCなど栄養もたっぷりです。

離乳食初期〜中期

海苔は薄くて口の中に張り付いてしまうことがあるので、離乳食初期〜中期では少量のお湯を加えてふやかしてから使うことをオススメします。写真は海苔をふやかしてからお粥に混ぜたものです。

離乳食後期〜

ごはんに細かく刻んだ海苔をかけるだけ!おにぎりにして食べさせるのもオススメです。

2、シラス

シラス丼
ごはんにシラスを乗っけて「シラス丼」にしてみましょう!シラスにはカルシウムや、脳の発達に有効とされるDHAも豊富に含まれます。

離乳食初期〜中期

湯通ししてシラスの塩分を抜いてから使用してください。離乳食初期ではすり鉢ですりつぶしてから与えてください。

離乳食後期〜

小さじ1杯程度であれば湯通しする必要はありませんが、美味しくてたくさん食べてしまう可能性があるのでやはり湯通しした方がやはりオススメです。

ABOUT THE AUTHOR

asukakikukeko
幼児食アドバイザー。2014.6.11に長女出産。「育脳」を意識した離乳食作りにこだわっています。フルタイムで仕事をしながら、子育てに奮闘中!
Return Top